You are here
年下の奥さんが羨ましかった40代後半の叔父様の嫌がらせ Uncategorized 

年下の奥さんが羨ましかった40代後半の叔父様の嫌がらせ

友人の結婚式のエピソードです。
友人(新婦、当時27歳)が一回り以上上の男性と結婚しました。付き合っていた当時から年上だと聞いていましたが、一回り以上離れているとは知らず結婚式の日に初めて旦那様にお会いしました。もっと年の近いいい人がいるのではないかと言う友人もいましたが、私はまぁお似合いならばいいか。と思っていました。
結婚式は午後から順調に進みましたが、結婚式の披露宴と言えば出会いの場とも言われますが、20代後半の私達と新郎さんの友人は40代を過ぎだ既婚者の叔父様ばかり。席も離れていたので直接は関わることはなかったのですが、二次会で事件は起きました。
披露宴でかなりのお酒を飲んだ叔父様方は大きな声で二次会の進行役の方に乱雑に絡む始末に。私や友人は新婦の大事な結婚式の日にも関わらず、金曜の深夜の居酒屋にいるような気分でした。
二次会が始まり歓談も終わりビンゴゲームも始まった頃、叔父様方はビンゴゲームに文句を言い始めビンゴにならないことを愚痴る始末に。会場には50から60名の人数がいるにも関わらず一番後ろの席から新郎新婦に向かってヤジを飛ばしました。
そしてビンゴゲームが終わったころに、カラオケを借りてきて歌い出したと思いきや、曲のセレクトがまさかの失恋ソングばかり。さよなら、二番目の女などを連呼。
私達はもう叔父様方の考えていることが全く理解できず、年齢のギャップなのか、酔った勢いなのか、常識の違いなのか。
そして痺れを切らした新婦が席を立ち、カラオケのマイクを奪い、いい加減にして!と怒鳴りその場を後にしてしまいました。新郎は新婦を追いかけて出て行きました。その場は想像通り白けてしまい、叔父様方の友人からはやり過ぎたね。と宥められていましたが、当の本人はこれくらいでやけになるな。と…
他の方から聞くと若い奥さんをもらった新郎のことを羨ましがっていたとのことでした。子供じみた嫌がらせに友人は一生に一度の大切な日を台無しにされました。

Related posts